酪農機器・ドライポンプエアードライヤー(圧縮空気除湿装置)ジェットヒーター(温風器)・除湿器・各種冷凍機応用製品

宮崎オリオン販売株式会社

オートユニットキャリー「キャリーロボ」

オートユニットキャリー「キャリロボ」

オートユニットキャリー「キャリーロボ」

1人・1時間で50頭搾乳

 

つなぎ飼いでゆとりある酪農経営を実現するために

 

約2割の弱の酪農家が「過重労働」と「後継者不足」の理由により酪農経営を断念したいと考えています。
そんな酪農家の願いに応えて『1人1時間で50頭』(注)を搾乳できる装置がORION機械の『キャリロボ』です。
これまでつなぎ飼いでは、乳牛20頭を搾るために2〜3人がかりの作業で、搾乳後は、重い搾乳ユニットを担いで運ぶか手で押して運ぶなどの重労働でした。

『キャリロボ』は搾乳ユニットの移動と、ミルクタップへの着脱を自動で行うことで、ゆとりある酪農経営を実現します。

 

省力化の実現

設備投資の抑制

 

・重い搾乳ユニットを自動搬送できます。

・ミルクタンクへの自動着脱ができます。

・ミルカーの自動離脱ができます。

・搾乳時間を50%削減できます。

・歩行距離を50%削減できます。

つなぎ飼い牛舎をそのまま使うことで投資抑制できます。
(飼養形態別搾乳設備比較表:50頭)
(キャリロボとパイプミルカーを既存牛舎に取り付けた場合を100として当社概算価格比較)

  「キャリロボ」設置前と設置後の比較

ゆとりの創造

 

・つなぎ飼いの経験をそのまま活用できます。

・ボディコンディションを観察できます。

・故障しても手動で走行できます。

・家族経営で対応できます。

(注)1時間当たりの搾乳頭数は、すべての使用条件において保証するものではありません。実際の搾乳では、個体毎の泌乳特性により、全体の搾乳作業にかかる時間は変動します。

ページの先頭に戻る