酪農機器・ドライポンプエアードライヤー(圧縮空気除湿装置)ジェットヒーター(温風器)・除湿器・各種冷凍機応用製品

宮崎オリオン販売株式会社

繁殖管理システム

知能型ミルキングクラスター

自分の牛の発情が何時に始まったかご存知ですか今や知能型ミルキングクラスターの時代です。革新的な4分割技術を利用して、酪農家は比べ物にならないほど簡単な操作で最高の乳質、乳量および健康的な乳房を得ることができます。
革新的な新ミルクチャンネルユニットは牛の乳房の構造をよく研究して設計されました。ユニットは4個のガイドチャンバーに分割されています。
一般的なシステムとは対照的に、ミルクは一緒ではなく4つのチャンバーに分離して搾られ、その後、中央出口に導かれます。
ミルクチャンバー内の勾配によってミルクは邪魔されずに迅速かつ容易に流れます。その結果、IQはミルクによる乳頭から乳頭へのクロス感染を減らし、乳房の良好な健康状態が維持されます。

知能型ミルキングクラスター・プロモーションビデオ

       中央部の を押下してご覧ください。 再生時間:3分16秒

 
  
知能型ミルキングクラスター(特徴・優位点・利益)
■ 乳房への付着

特徴

優位点

利益

ティートカップライナー/シリコンライナー
最適化されたモノブロックティートカップライナー/シリコンライナー
ミルキングクラスターへのクイック・リリースコネクション付き
ミルクチャンネルユニットとティートカップシェル間に無理な力がかからない。

最適な乳房への付着:
ショートミルクチューブは、同じ長さを有する標準的ミルキングクラスターと比較して、柔軟な部分の長さが2倍。
どんな形の乳房に対しても最高レベルの柔軟性を保証する。

処理能力の改善:
最適なミルキングクラスターの付着で、エアの吸い込みとそれに関連するよけいな作業をなくす。

最適な乳房へのフィット:
成型ショートミルクチューブが理想的なカーブを描く。
この柔軟性がどんな形の乳房に対しても問題なくフィットできる。

良好で迅速な搾乳:
各分房からの均等なミルク流出。

ミルキングクラスターの重量配分:
ミルキングクラスターの重量の20%だけがミルクチャンネルユニットに配分、80%がティートカップシェルに配分。

最適クラスターポジション:
重量は必要な箇所に配分:直接乳房にかかるように、ティートカップシェルは乳頭から垂直に垂下し、シリコンライナーが乳頭に正しく取り付けられないことになるので軽量ミルクチャンネルユニットは下方へ引っ張らない。

処理能力の向上:
最適位置に置かれ、柔軟なミルキングクラスターと、相応に良好な付着が、問題の生じない搾乳を実現する。
 搾乳作業者がより多くのミルキングクラスターを操作することによって、一人でより多くの牛を単位時間に搾乳できる。

バランスポイントの最適化:
最適バランスポイントのミルクチャンネルユニットと、牛の乳房の下で重心がバランスするように前側が軽量シェルで後側分房に重量シェル 。

最適な重量配分
すべての分房に対する最適で安全な重量配分。適切に位置調整されたロングミルクチューブの重量はほとんど中立化される。

より速い搾乳:
均等な重量配分は搾乳をより速くし、全分房を均等に搾り切る。

チューブ接続:
ショートパルスチューブとティートカップシェルの接続は内蔵化。

特殊なナローデザイン:
パルスラインを内蔵化したことによって特殊ナローデザインのミルキングクラスターを実現。

より速い搾乳:
幅の狭いデザインにより、SbSミルキングシステムにおいて牛の後足の間でミルキングクラスターの装着がいっそう容易になった。
パルスチューブが横に張り出さないナローミルキングクラスターは牛が蹴落としにくい。

■ ミルクの流れ

特徴

優位点

利益

ミルクチャンネルユニットの分房別分離
ミルクチャンネルユニットは分房別に分割されている。

低いクロス感染の危険性:
分房別分離はある乳頭から別な乳頭へのミルクによるクロス感染を防止する。

乳房衛生の向上:
搾乳中に一つの分房から他に転移する病原菌は低レベルで、乳房炎が減少、乳房の衛生状態が改善、牛の生産性が向上、最高の乳質をもたらす。

ミルクの流れ:
分房別送乳回路

処理能力の向上
特別設計の送乳回路が、ミルクチャンネルユニット内で合乳するときに乱れを生じさせない。これが安定した真空圧で迅速な送乳を保証する。

送乳能力の向上
ミルクに機械的なストレスを与えたり真空圧変動を起こしたりせずに、高流量でも最高の送乳能力。

穏やかなミルクの扱い:
ミルクは分房ごとに導かれ、穏やかに出口に送られる。

良好な乳質:
穏やかなミルクの扱いが、乳成分に機械的なストレスを与えない。特に脂肪酸にかかる乳質に良好な影響を及ぼす。

■ 搾乳衛生

特徴

優位点

利益

自動真空切り替え:
ミルキングクラスターの装着時、ミルキングカップが乳頭についたときに初めて各分房に真空が作用する。

衛生面の最適化:
搾乳作業者の作業手順に関わりなく、装着工程でミルキングカップが異物を吸い込むことはほとんどない。

乳質の向上:
牛乳中の細菌数低下。

搾乳システム全体で低い真空圧変動:
エアを吸い込ませずにミルキングクラスターの装着可能。

乳房衛生の向上:
搾乳中にエアの吸い込みがないことによる搾乳システム全体における安定した真空圧が、感染の水準を下げる。

より速い装着
激しいエアの吸い込みなしで、同時に複数のミルキングカップの装着が可能。真空圧は安定している。

処理能力の向上:
作業時間の短縮によって作業者あたりの搾乳頭数が増加。

自動真空切り替え
ミルキングクラスターや個々のティートカップが落下した場合、真空は分房ごとに切り替わる。

衛生面の最適化:
個々の瞬間的な真空カットによって、ほとんどの異物が搾乳システム内に吸い込まれるのを防ぐ。

乳質向上:
牛乳中の細菌数低下。
乳房衛生の向上:
搾乳中にエアの吸い込みがないことによる搾乳システム全体における安定した真空圧が、感染の水準を下げる。

■ 操作性

特徴

優位点

利益

自動真空切り替え:
ミルキングクラスターの装着時、ミルキングカップが乳頭についたときに初めて各分房に真空が作用する。

静か、スムーズな装着:
エアの吸い込みがないため。

非常に快適な作業によって効率がアップ:
搾乳中は静かなのでストレスのない搾乳になり、作業者も牛もリラックスする。搾乳中にミルキングクラスターがエアを吸うのを止める不要な動作が避けられる。

リムーバルフックのデザイン
装着時と搾乳時にリムーバルアームは落下し、離脱時にふたたび持ち上がる。

作業経済性の最適化:
装着工程で搾乳作業者はリムーバルアームに触れることはない。しかし、自動離脱においては、最適な離脱バランスのおかげで全部のミルキングカップが好適な位置になることを保証する。

作業の快適性の改善:
静かなミルキングクラスターの採用によって。
作業の再開前にミルキングカップを揃える余計な作業がない。

ニューデザインのティートカップライナー
新しいミルキングクラスターにはモノブロックライナー/シリコンライナーが装備されるのみ。
これらはIQProという名称のシリコンライナーとして販売される。2010番台のティートカップライナーはIQライナーという名称になるであろう。

わずかな部品
サイトグラスのアッセンブリーとショートミルクチューブはもう不要。

速いサービス
組み立て時間が最大50%低減。

すばやい接続:
IQティートカップライナーは強く力を入れてコネクターに取り付ける必要はない、クイックリリースシステムで簡単にミルクチャンネルユニットに接続できる。

簡単な交換:
通常のティートカップライナーと比較して、ティートカップライナー/シリコンライナーの交換は、単純で力がいらないため、むしろより簡便である。

ティートカップライナー/シリコンライナーの組み立て:
ティートカップライナー/シリコンライナーはコネクターではなく、全く新しいコネクションシステムで取り付けられる。

シェルの中で正しい組み立て位置が規定される:
ティートカップライナー/シリコンライナーは決まった位置で組み立てられ、搾乳中に捻れない。

機能の信頼性:
ティートカップライナー/シリコンライナーが捻れないことによって機能の信頼性が向上する。

ページの先頭に戻る